臨床心理士とは
カウンセリングを受けたい時

日頃の暮らしの中に、何かしら悩みはあるものです。家族や友人、知り合いの人に話すうちに、その悩みは何となく解消していくことだと思います。でも、時として、身近であるだけに話しづらいとか、わかってもらえそうにないことが生じることがあります。そんな時に、話すことで胸のつかえが取れたり、気持ちの整理をしたりするのがカウンセリングです。一人で悩んでいると不安が大きくなり、物事を悪い方悪い方に考えがちです。
カウンセリングでは、カウンセラーが悩んでいる人の話に耳を傾け、共に考え支えてくれます。カウンセラーは秘密を守ってくれるので、心の中の重たい荷物も降ろせることがあります。ある程度気持ちの整理がつけば、新たな考えが浮かぶこともあり、悩み解消の糸口が見えてきます。
このように、悩んでいる人の話を聴き、共に考え支えてくれるカウンセリングのプロがいます。それが臨床心理士です。

臨床心理士とは、大学院の修士課程で高度な知識を身につけ、実践の中で厳しい指導を受け、修士課程を修了した上で、日本臨床心理士資格認定協会が実施する難関の試験をパスした人です。
臨床心理士は、医療、福祉、教育、司法、産業など幅広い分野で活躍しており、国民の心の健康を支えるプロとして信頼を深めています。

カウンセリングを受けたい時に、臨床心理士のカウンセリングを受けられる場所の一つの参考として、『臨床心理士に出会うには』という本があります。
(日本臨床心理士会のHPで検索できます。)

このページのトップへ