おしらせ
その他
  2014/08/17   国際シンポジウム『国際的な視点から考える臨床心理職の資格法制化』のご案内
 

HP閲覧のみなさま
標記について、添付資料及び下記案内文をご参照ください。
福岡県臨床心理士会事務局

福岡女学院大学臨床心理センター地域交流講演会
福岡女学院大学大学院人文科学研究科臨床心理学専攻国際交流
共同主催国際シンポジウム
『国際的な視点から考える臨床心理職の資格法制化』

日本において臨床心理職の資格法制化は長年議論されてきましたが、未だ
議論が十分尽くされたとは言えない状況にあります。
 そこで、国際的な視点から、各国の臨床心理職の資格法制化の経過、現状と
展望を概観し、国民のための、質の高い臨床心理専門職の発展を願い、国際交
流シンポジウムを企画しました。
 日本とは違う欧米の資格制度とその運用の現状、日本と同様の状況で、すでに臨床心理職の国家資格制度をもつ韓国の現状と展望等、
 広い視野で臨床心理職の資格法制化を考え、議論するきっかけになることが期待されます。
 一般公開ですので、専門職の方のみならず、ご関心のある方々のご参加をよろしくお願い申し上げます。
<日時・場所>
日時:2014年9月27日(土曜日)午前10時から午後13時まで(9時半から受け付け)
場所:福岡朝日ビル(福岡市博多区博多駅前2丁目1-1)
<シンポジスト>
仙道 由香 氏(英国/Tavistock and Portman NHS Foundation Trust)
朴  重圭 氏(韓国/大邱大学教授)
金沢  晃 氏(日本/神戸市外国語大学准教授)
※詳細は下記資料をダウンロードして御確認ください。
PDF  ファイルはこちら
このページのトップへ